こんな痛みのときは整骨院や整体院へ相談

整骨院や整体院に行くときの判断

「整骨院とか整体ってお金がかかるから」と行くことに渋ってしまうかも知れませんが、早め早めの治療の方が費用がかからないことがあります。では通院するタイミングはいつにすればいいのでしょうか。

その判断の一つとして「腱鞘炎の痛み」によるものがあります。腱鞘炎の痛みの程度によってどういった治療院へ行くかどうか考えましょう。

どんな痛みのときに通院すればいいのか

腱鞘炎の痛みにも色々種類があります。その中でも長期に渡る痛みが生じる場合は要注意です。

「こんな痛みすぐ治るだろう」と油断していると、いざ通院すると重症だった、なんてことも考えられます。自分で解決しようとしないで、慢性的な痛みであればすぐに整骨院または整体院へ相談してみましょう。

横浜市西区 カイロプラクティックは、柔道整復師の免許や、講師もできる免許をもった先生が治療をしているので、安心ですよね。まずは、病院以外は危険なんじゃないか?という認識を捨て、ホームページなどを参考にされるといいと思います。病院では治療できない、先生独自の治療法で改善が期待できる場合もあります。

整骨院とは

整骨院というと一見、病院と同じに思えますが、そうではありません。

これは整骨院になるための資格は医師になるためのものとは異なるからです。また、似たようなものに接骨院・整形外科があります。整骨院は接骨院とほぼ同様です。

整形外科は国家資格を持った医師が開業しています。このように記すと国家資格を持った整形外科のほうがメリットがあるかのようですが、そうでもありません。

整形外科は規模が大きいため、患者に沿った対応が行えないこともあるからです。

一方、整骨院は整形外科よりも腱鞘炎などの病気に詳しいことが多いです。なので、腱鞘炎で困っている方は整骨院をおすすめします。

痛みが慢性的な場合は気軽に病院へ相談しましょう。

整体とは

整体とは、基本的に手技を用いた民間療法になります。もともとアメリカで生まれた手技療法でオステオパシーのことを「整体」と日本語に訳したものと言われています。今でいうと、カイロプラクティックなどの手技療法を総合して「整体」というくくりにしていることが多い。

整体は、国の認定試験がなく、免許や資格証も発行しているわけではなく、誰でも自由に開業できます。しかし、川崎 整体のように、スタッフが正式な「WHO基準の国際資格」を取得している正規のカイロプラクターがいるところも多くあります。

もちろん、無資格だからといって、人体に害を与えたりすれば、罰せられます。また、整形外科や総合病院でしているような「治療」をしてはいけないと決まってます。逆に、マッサージや指圧に関しては、国が実施している資格として試験を合格しないと施術ははできません。

また、約30,000人以上の方を施術実績があるなどのしっかりとした技術と長年の経験を積んでいる平塚 整体なども、信頼ができ地域密着型だと口コミも良かったりします。せっかく、お金を払って治療してもらうなら、よく調べて信頼できる先生なのか?なども気になることろは確認しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加